働くを考える Arrows -アローズ -

働き方改革、移住、複業(副業)など"働く"には様々な選択肢が登場してくるようになりました。 年齢、経験、ライフスタイルの変化に合わせて、自分の進むべき道 Arrowsを見つけられる。 "働く"を中心にしたライフスタイルWebマガジン"Arrows"

ロート製薬の副業とマネジメントの考え方がわかる記事をご紹介

NIKKEI STYLEに掲載されていた、ロート製薬 山田会長兼CEOのインタビューを拝見しました。

 

style.nikkei.com

 

この記事がとてもわかり易かったため、ぜひご紹介させていただきたいと思っています。

働き方改革」の推進に伴い、多くの企業で副業に関して

社内で検討されているところも多いかと思いますが、

ロート製薬としてどのように考えているかがとても細かく描かれています。

 

ロート製薬の中には

・副業希望者は、会社に応募する形。

 定期的に会社からうまく進んでいるか?を仕事面・体調面からサポート

・社内兼業の制度を導入。

 部門を2つにまたいだ仕事につくため、マネジメント層も創意工夫を行うのでよい効果が現れている。

ようです。

 

なかでも、

大変なことも含めて、頭を使うことに意義があります。従来通りのマネジメントスタイルではやっていけないとなれば、変わっていかざるをえない。ピラミッド組織だと末端にいくほど、決まっていることをこなす仕事になっていくでしょう。個人個人が仕事を組み立てて、それが成功して全体的に流れていく、そういうふうに変えていきたい。

過去が悪かったじゃなく、過去は過去でそれでやってきたんだからいい。しかし未来を考えると、過去のままのそれが良いというケースはむしろまれであって、変わっていくしかないと思います。

と続きます。

 

最近感じているのは、企業のために個人が成長しても

その企業のフェーズやタイミングだと見合ったポストがなかったり

それも望まれていないようなケースもあるように思います。

 

 

企業と個人が、常にお互いが求めるベストな状態でいられるか?は難易度が高く、

その都度合った選択肢を選べるほうがお互い良い関係でいられるのかもしれません。